戦法・定石・セオリー

戦法・定石・セオリー

人狼ゲームを行うにあたっての基本的な戦法や、定石・セオリー
を簡潔に解説していきます

最低限のマナー

【自陣営が勝つことを優先に行動する】
市民が人狼を勝たせるように振舞う(あるいはその逆)のは基本的にNGです
役職ごとの作戦があるので一概には言えませんが、
人狼が、自陣営が負ける目的で役職カードを公開する(敗退行為)等があたります
市民が狂人を演じるのも混乱を招くだけでNGですが、作戦しだいでは考えられるのでグレーです

【暴言・暴力の禁止】
相手を貶めたり嵌めたりする性質があるのは事実ですが、
そこに暴力的な表現は必要ないはずです
ヒートアップしてきたら、今一度自分の発言の仕方を注意しましょう

【死亡したプレイヤーはしゃべらない】
たとえ、「あぁ~やっぱりね」「うわ~やられた」などの発言でも
十分なヒントになりえてしまいます
死んでしまったプレイヤーは残念ですが、そのゲームが終了するまでは話さないようにしましょう
※ゲームに関係ない話題は良いですが、その場合でも暗号を疑われないように注意!
※「コーラ飲んでこよっと」→コバヤシが人狼
※「オレンジジュース飲んでこよっと」→オガサワラが人狼
※↑のような暗号でやりとりしている猛者が大学のときにいました…

戦法・定石・セオリー

【占い師のカミングアウト】
もし騎士がいる状況なら初日から積極的にアピールしていきましょう
※騎士がいなくても占い師の占いは基本的に市民有利になります

【占いで人狼がバレてしまった】
コスプレイヤーがありなら、コスプレイヤーを貫きとおして下さい
いない場合は役職(基本的に占い師)を騙り、本物の占い師を貶める方向にもって行きましょう

【市民は役職を騙らない】
一概にはいえませんが、市民が役職を騙っても混乱がますばかりです
とくに狂人認定されてしまうと目もあてられません…

【信頼関係を築く】
占い師Aが市民Bを「市民判定」した場合、AB間に信頼関係が結ばれます
この信頼関係を無視しないようにしましょう
もちろん、Aが偽者で当てずっぽうでBを市民判定したかも知れません
それでもターンが浅いうちは有利になることが多いです。
投票時も組織表になるので自分が死ぬ確率は低くなります

初心者に多いミス

【人狼カミングアウト】
誰もが経験あると思う「人狼?」と聞かれて「YES」と答えてしまうパターン
人狼はカミングアウトしてはいけません、100%追放されます
また人狼を騙ることも絶対にNGです

【諦めてしまう】
上に絡んでくることですが、占い師に人狼と言い当てられてしまい戦意喪失するパターン
ここで、諦めてしまうと試合終了です
別の役職を騙るなどして、最後まで足掻きましょう
※「俺が本当の占い師だ、そしてこの偽占い師が本当の人狼だ!」のように擦り付けてしまいましょう

【話さない】
初心者のうちは何を話してよいかわからず、黙ってしまうことも多いです
何も話さないというのはそれだけで不確定要素満載なので、追放されやすくなります
積極的に会話に参加してみてください

【仲間の把握】
恋人・人狼・メンタリストなどの役職は自分の味方が把握できる役職です
あとで「あれ?誰が味方だっけ?」とならないようにしっかりと把握するようにしましょう