実戦紹介

実戦紹介

ここでは管理人が実際に行った人狼ゲームのうち
とくに面白かったもの、作戦がうまく決まったもの
プレイングミスなどを紹介していきます

主なメンバー紹介

クド(管理人)

平気で嘘をつき、人を陥れることも何とも思わない
※人狼ゲーム知らない人からしたらただの悪人…
そのため人狼陣営の際に比較的高い勝率を誇る
意外と情に熱いところもあるが、その分だまされやすくもある

なおあき

ロジカル思考が得意、またそれを伝える説得力もある
そのため、どの陣営においても安定した勝率を誇る
安定した勝率を誇るので、その分逆に疑われやすくもなってしまう

ブルー

市民陣営においても人狼陣営においてもとにかく攻めの姿勢を貫く
定石・セオリーを無視した作戦が比較的多い
決まったときの勝率はものすごいものがある
反面、仲間に信じてもらえずあっけなく退場することもある

リボルバー

とにかく無言の姿勢を貫く
会話にまったく入ってこないので、しれっと人狼で勝つこともあるが、
たいていは、1日目に追放されてしまう

人狼の裏切り

市民1人、人狼2人、占い師1人、霊媒師1人、騎士1人
このパターンにおいて最初の昼に2人の占い師カミングアウト
クドはAを占い白、なおあきはリボルバーを占い黒判定
一見すると、黒を出した占い師なおあきが本物のように思えるが…
実はミスリードを誘うなおあきの作戦!!
ここで驚きなのが、リボルバーも本当に人狼であること!!
普通なら邪魔な市民を消すために黒判定を出すはずが…
人狼が人狼を売ってしまった
理由は簡単で、次のターンに霊媒師が占って黒判定を出すので
なおあき=本物の占い師と信じてもらえるからです
ただ…さすがに人狼を売るのが早すぎたのか…
あっけなく、なおあきの招待がバレ、市民側の勝利となりました

市民のメンタリスト騙り

市民2人、人狼1、メンタリスト1人、占い師1人、コスプレイヤー1人
最初の昼に占い師がただ1人のカミングアウト
※普通このパターンはメンタリストも占い師を騙るので2人出るはず…
この時点で占い師はほぼ本物であると確定
人狼であるクドもこの時点でなおあきがメンタリストと見抜く
次のターンに占い師が人狼を引き当て追放されるが、実はコスプレイヤーw
そして次のターン、何故かメンタリストのなおあきが突然の裏切り!!
「なるほど、クドが本物の人狼だな」
メンタリストの突然の裏切りに呆気にとられ、そのまま負けてしまうクド…
実は、なおあきはメンタリストではなくただの市民!!
メンタリストを騙ることによって、人狼をあぶりだそうとしていたのだ!!
※ちなみにこのときの本物のメンタリスト(ブルー)は実は最初のターンに追放されていました…w